2017 / 04   ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 / 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひまわりBDFプロジェクト

4/19 近江ひまわりBDFプロジェクトのお知らせ

4月19日(土)
前にお知らせしていましたが 
昨年近江ひまわりプロジェクトで活動して下さった近江環人さんの方 一名(辻さん)と、KBC(京都BIOWAKO地球温暖化対策協議会)の三名(藤田さんご夫妻・太田さん)の皆さんが、今年はひまわりBDFを展開して下さるとの事で、遠方よりいらしてくださいました。

内容を簡単に説明しますと・・・
ひまわりの種からひまわり油を搾油し、バイオディーゼル燃料(BDF)を製造し、農作業時にトラクターに使用、そこで採れた農作物を被災地へ還元とのお話を受けました。
とても大きなプロジェクトで驚きですよね!!

私達が育てたひまわりさんを、お嫁に出したら姿を変えて戻ってくる・・・って感じでしょうか??

すいません・・・本当に簡単にですが
要約するとこのような内容だったと・・・
写真はその為にまずひまわりの種蒔きをする為のチラシです。
私達の小さな活動がこんなに大きな活動に変わっていく事に戸惑いと驚きと感じながらも、3年経過し震災も風化している今、このような活動をしてくださる方々がいる事に感謝致します。


4/19 近江から来市された皆さん①

こちら(写真参照)を見ながら説明を伺いました。
今度皆さんが集まる時に持っていきますね~

遠くから、今でも「何か出来る事・・・」と考え実行しようと頑張って下さっている方々がいらっしゃる事を再確認し、ありがたい気持ちでいっぱいになりました


4/19 近江から来市された皆さん②

昨年咲いた「ひまわりの種」約100袋を、この大きなプロジェクトに参加させて頂きたいと思い、KBCの藤田さんと環人8の辻さんにお願しました。


4/19 近江から来市された皆さん③

いらしゃる前に被災地の現状をご覧になりたいとお話頂いていましたので、色々考え、魚市場前から川口町方面・岩井崎・安波山・鹿折唐桑駅前花壇・鹿折復幸マルシェをご案内しました。
私自身も川口町や岩井崎には震災後足を向けていなかったのですが、3年経った現状を自分の目で確認出来ました。
道すがら、りかちゃん・きっく・私のそれぞれの立場で感じた事を聞いて頂きました。
あちらこちらお話したので分かりづらかったかもしれませんね・・・(^^ゞ

Author:おーみ

スポンサーサイト

東近江市立愛東中学校の位田校長先生より

11/16 東近江市立愛東中学校から届いた「ひまわり」の成長記録

皆さんにお知らせが遅くなりましたが、10月下旬にりかちゃん宅に東近江市立愛東中学校の位田校長先生より、私達が昨年育てたひまわりの種を育ててくださった記録のファイルが届きました。
ファイルを開くと、校長先生からと生徒会会長の吉川恵仁君からの心温まるお手紙に続き、生徒会の皆さんと有志の方々による花壇作りから始まり、全校の皆さんによる昼休みの種まき・草取り等々の活動の内容、そして愛情をたくさん注がれたひまわりの成長の記録が写真付きで認められていました。
生徒総会により生徒会本部の皆さんが特別報告としてこの活動を提案し、取り組んで下さったようです。
また、愛東中学校だより『すずかの風Ⅱ』や新聞に掲載された記事などもファイルして下さっていました。
その内容から皆さんの優しい気持ちが伝わってくるようでした。 
お忙しい学校生活において、授業時間以外の大切な時間を長期にわたり活動を続けてきて下さり本当に本当に感謝致します。
お片付けの会も終わり日々の雑事に追われなかなか集まる機会がなく、まだ見守り隊の方々にも見て頂いておりませんが、このような素敵なプレゼントはたくさんの皆さんと共有したいと考えております。
今後の集まりには必ず持って行く予定ですが、他に皆さんにご覧頂く良い方法がありましたら御提案ください<(_ _)>
明日の作業にも持っていきますのでお楽しみに

Author:おーみ

近江ひまわりプロジェクト - 4

楽しい写真が届きました。

【近江ひまわりプロジェクト】主催 環人8 
気仙沼鹿折から送っていただいた ひまわりから「震災の教訓を学ぶ」事を目的に地域でイベントをしています。

8/24 近江ひまわりプロジェクト①

今回は5回目。
無いものから自分たちで考えて工作をしました。
船を作ったり、飛行機を作ったり、箱を作ったり・・・
思い思いに自由な発想で挑戦。

手を切って泣く子もいました。
でも、子供の中には血が出る事。痛い事を知ってくれました。
傷テープのまき方も勉強になりました。
作品を最後までできなかった子は 続きを家で作ったからと
写真を送ってくれました。嬉しかった。
暑い中 本当にお疲れ様でした。

8/24 近江ひまわりプロジェクト②

終わった後は、みんなでカレーライスをいただきました。

食事をいただきながら自分自分の作品を発表です。
よく頑張ったと思います。

又、のこぎりや道具を普段使った事の無い方達には、工作の前に道具の使い方や名前を憶えていただけた事が災害時に生かせると思いました。

8/24 近江ひまわりプロジェクト③

感想には
『のこぎりで切れたのが楽しかった』『カレーがうまかった』・・・・

災害から身を守る事は、こんな普段の小さな事の積み重ねでしょう。
そして仲間を思いやる心を普段から体験して学ぶ事だと思いました。

8/24 近江ひまわりプロジェクト④



地域でこのような活動を続けているって素晴らしいですね。
皆さん、素敵な笑顔です

Author:きくこ

近江ひまわりプロジェクト - 東近江市愛東中学校から2

東近江市愛東中学校の活動が掲載された8/20付け毎日新聞地方(滋賀)版>

生徒さんの活動が毎日新聞朝刊に掲載されたそうです
皆さん、うれしそう


東近江市愛東中学校の活動が掲載された京都新聞

もう一紙掲載されました。
新聞に載るとなんかうれしいんだよねぇ

Author:きくこ

近江ひまわりプロジェクト - 東近江市愛東中学校から1

気仙沼からお嫁入りひまわりが又咲きました!

今度は東近江市立愛東中学生徒会で咲かせてくれました。
ひまわりの花壇の名前は 被災地の方と希望の橋を渡ろうと言う
意味を込めて、『希橋園』と看板を作られました。
生徒達の手づくり看板です。

ひまわりの様に元気にすくすく育って欲しい!

8/24 東近江市愛東中学校のひまわり花壇①

8/24 東近江市愛東中学校のひまわり花壇②

8/24 東近江市愛東中学校のひまわり



手作りの看板、すごいねぇ
生徒さんが書いたのかな?

こちらのひまわりさんも美人さんだね

Author:きくこ

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。