2017 / 03   ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 / 05

私たちも準備をしていかなくっちゃ

ひまわり日記 4月2日

2月に浄念寺さんへ
あいさつにお伺いしてから一カ月。
相談してからとの事で心配しておりましたが
今年度も使用の許可がでました(*^。^*)
さあ
私たちも準備をしていかなくっちゃ
そして
有志の皆さん
これからもご協力お願い致します
20170402.jpg

水仙のつぼみもふっくらと膨らんできました
こんなに球根あったかしら?
と、思うくらい一列に並んでいます。
一斉に咲いたら見事でしょうね
20170402_02.jpg

Author:りか





小さな小さな可愛い芽を発見

ひまわり日記 2月26日

いただいたカレンダーを浄念寺さん ホーマックさんにお届けしました
久しぶりの浄念寺さんでは 小さな小さな可愛い芽を発見
少しずつ少しずつ春が近づいてますね
20170226.jpg


そうそう暖かくなってきたので 今年も浄念寺さんに花壇お借りできるか伺いましたが、相談してからお返事を…とのことで お返事待ちです。
あれ…今年はどうなりますでしょうか

Author:おーみ

山口県周南市立須々万中学校さんからカレンダーをいただきました

すみません
こちらもだいぶ時間が経ってしまいました。
今年の1月中旬に届いたカレンダーです。
20170313_11.jpg



山口県のボランティアさんから気仙沼市のボランティア?さん そして初夫君経由で私達の手元に届きました。
確かに山口県の柴田さんにひまわりの種があればとの問い合わせを受け少量お送りしていました。

カレンダーを下さったのは山口県周南市立須々万中学校さんです。
カレンダーに書かれた「心をつなぐ、ひまわりプロジェクト」とは…の文章をご紹介しますね!
   ↓↓↓

「心つなぐ、ひまわりプロジェクト」とは…
 山口県周南市立須々万中学校は、東日本大震災で大きな被害のあった宮城県気仙沼市で、震災の翌年に花を咲かせ、被災地の人々の心をいやしたひまわりの種を、ボランティアの方からいただきました。そして、そのひまわりを山口県で咲かせ、被災地の人々を元気づけたいという思いから「東日本大震災復興支援 心をつなぐ、ひまわりプロジェクト」を実施しています。この活動の目的は、以下の通りです。

⇒東日本大震災の被災地から送られたひまわりの種を植え育て、種を採取し、頒布する活動とそれに関わる道徳、学活の授業から、被災した人々の思いに触れ、自他の生命を大切にし、互いに思いやり、共に一生懸命生きていこうとする意欲と態度を養う。
⇒地域と学校が連携して防災教育を実施し、中学生を防災の担い手として育てるとともに、地域全体の防災活動の活性化を図る。

今年も、生徒たちが「震災を忘れず、笑顔あふれる日本にしたい」という思いを絵手紙風のメッセージとイラストにあらわし、カレンダーにまとめました。
微力ですが、一人でも多くの方々に「自分たちができることは何か」を考えていただくきっかけとして、この活動の輪を、生徒たちと広げていきたいと考えています。ご理解、ご協力をよろしくお願いします。
 
             周南市立須々万中学校 河村 裕介

滋賀県東近江市立愛東中学校さんからお手紙をいただきました

愛東中学校さんから

昨年末に 滋賀県東近江市立愛東中学校さんから届いたお手紙です。
毎年 忙しい学校生活の中 ひまわりの活動の報告をしてくださっています。
皆さんにお知らせするのが こんなに遅くなってしまいごめんなさい。
校長先生、生徒会長さんからのお手紙をご紹介します。
20170313_01.jpg

-------------------------------------
鹿折中学校31回生有志の会様

 今年も残り少なくなってきましたが、気仙沼ではもう本格的な冬となっているのでしょうか。
滋賀県も12月15日例年より早く初雪が降り、大変寒い毎日となっています。
 前校長や皆さんの意思を引き継ぎ、「復興の願いと被災地との絆」を今後とも風化させないようにと、今年度も生徒会が中心となり、ひまわりの種を蒔き、育てて、種が収穫できましたので、ご報告いたします。

7月初旬
 全校生徒が「希橋園」にひまわりの種を蒔きました。
 一人4つの種を2つの穴に2個ずつ植えました。
 その前に、昨年土の中に眠っていた種が自然に発芽し、茎を伸 ばしていて、その生命力に驚かされました。
7,8月
 夏休みも生徒会役員は、水やりや除草をしました。
 8月20日に親子除草作業があり、生徒が雑草をすべて取りました。
9月
 ひまわりは9月初めから咲き始め、体育大会頃には満開とな  り、保護者や地域の人に見ていただきました。
 今年も台風16号が直撃。翌日倒れたひまわりを細い竹で支え て、ひまわりはまっすぐ立ち直りました。
10月下旬
 生徒会役員で今年のひまわりの種を採取しました。
11月16日
 生徒総会の中で、3年生中心の生徒会から2年生中心の生徒会 へ「気仙沼のひまわりの種」が引き継がれました。

 今年は、春先に給食センターから残飯から作った堆肥をいただき、希橋園にまきました。また、しっかりと中味の詰まった種を蒔き、これらにより、昨年小さな花しか咲かなかったひまわりでしたが、大輪の花と背の高い茎を作り、たくさんの種を取ることができました。
 東北復興の願いと思いは次の生徒会に引き継がれ、来年も、子どもたちが ひまわりの花を咲かせてくれると思います。
 来年も皆様にとって良いお年であることと1日も早い復興を心よりお祈りして、今年度の報告とさせていただきます。
 なお、今年の写真と生徒会長の手紙を同封しますので、ご覧ください。

            東近江市立愛東中学校
                     校長 奥井 雅秀



----------------------------------
 気仙沼の皆さん こんにちは。
私たちは滋賀県東近江市立愛東中学校生徒会です。
愛東では、だんだん寒くなってきて山にも雪が積もってきました。
 さて、今年の夏前 私たちは全校生徒で昼休みを使い愛東中の花壇「希橋園」を端から端まで ひまわりの種でうめつくしました。
 また、おどろいたことに今年の種をうめる前の希橋園に昨年のひまわりの芽が自ら4つ出てきたのです!!
そして、みるみる育ちとても大きくなりました。
夏休み前から生徒会本部で水やりをしました。
私も水やりをするたびに大きくなっていく芽や新しく出てきた芽を見て、とてもうれしかったです。
また、除草作業も生徒会と先生でで行いました。
9月には、ひまわりは満開になりました。
また、文化祭で上映した本部製作のオープニングムービーも今年のひまわりをバックに撮りました。
そして、10月に種を採取しました。
先日、生徒総会の中で3年生中心の生徒会から2年生中心の生徒会へ「気仙沼のひまわりの種」が引き継がれました。
私たちは、この活動を次の生徒会、そのまた次の生徒会にもつなげ2011年3月11日の東日本大震災があったということ。
今も、また これから先も復興を願っている人がいるということを忘れずに引き継いでいきたいです。
最後になりましたが、全校一同心より1日も早い復興を願っています。

          平成28年12月吉日 
             滋賀県東近江市立愛東中学校 
                    生徒会長 辻 葉菜



--------------------------------
お礼のお手紙を出しました。
そして 昨年送って喜んでもらった気仙沼駅内にこの時期お目見えするドラゴン神社で下さっている滑らない砂を同封しました。
校長先生からお礼のお電話もいただき今年も喜んでもらえたようです。
もう そろそろ高校入試発表の時期…
嬉しい春を迎えられますように…祈りましょう
20170212.jpg

Author:おーみ




少しだけ暖かくなってきました

ひまわり日記 3月13日

大変ご無沙汰していました。
ごめんなさいね
長い長い冬休みを頂いてしまいました…

2017年新しい年を迎えたと思ったら…
アッと言う間に3月!お別れ、旅立ちの季節になりましたね
お知らせしなくちゃ~と思いながら…
 私事で何やらバタバタとしていてこんなに遅い報告となってしまいました
本当に申し訳ありません。
少しだけ暖かくなってきました
さぁ!少しずつ活動開始かな…