2017 / 09   ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 / 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛東中学校の皆さんからお便りをいただきました。

暖冬と言われていたこの冬もやっぱり寒い日が続いていますね~
気仙沼地域ではインフルエンザが猛威をふるっています…
私だけかしら…風邪をひくと長引いてしまい日々年齢を重ねていることを思い知らされます(^^ゞ

ご報告が遅くなってしまい ごめんなさい<(_ _)>
昨年に引き続き 滋賀県東近江市愛東中学校の皆さんから活動報告が1月中旬に届いていました。
生徒会本部の皆さんを中心に先生方のお力添えもあり昨年も「気仙沼ひまわり」が「希橋園」にたくさん花を咲かせた様子をお知らせくださいました。
校長先生からと生徒会長さんからのお手紙をご紹介しますね。


鹿折中学校31回生有志の会様

新年あけましておめでとうございます。
今年も皆様にとって良い年であることを心からお祈りします。
一昨年前校長やみなさんの意思を受け継ぎ、「復興の願いと被災地との絆」を今後ともふうかさせないようにと、今年度も生徒会が中心となり、ひまわりの種を蒔き、育てて、種が収穫できましたので、ご報告いたします。
今年の生徒会の取り組みを少し紹介させていただきます。
6月19日
生徒会役員がひまわりを植える「希橋園」を耕し、植える準備をしました。
7月初旬
全校生徒が「希橋園」にひまわりの種を蒔きました。一人4つの種を2つの穴に2個ずつ植えました。前年度の種に中味が入っていない物もあり、生えてこなかったところへは、もう一度植え直しました。
7.8月
夏休みも生徒会役員は、水やりや除草をしました。
8月22日に除草作業があり、生徒が雑草をすべてとりました。
9月9日
ひまわりは9月初めから咲き始めましたが、この日台風18号が直撃。
生徒は臨時休校になる中、朝から生徒会担当教師が細い竹で支えを作り、ひまわりは倒れませんでした。
9月12日
体育大会の本番、ひまわりは満開になりました。登校する生徒や体育大会を参観に来られた保護者から歓喜の声が上がりました。
10月下旬
生徒会役員で今年のひまわりの種を採取しました。
11月18日
生徒総会の中で、3年生中心の生徒会から2年生中心の生徒会へ「気仙沼のひまわりの種」が引き継がれました。

例年より小ぶりの花となりましたが、しっかりと中味の詰まった種を選別して残すことができました。思いは受け継がれたと思います。
そして来年も、新しい生徒会の子どもたちがひまわりの花を咲かせてくれると思います。
今年の写真と生徒会長の手紙を同封し、ご報告とさせていただきます。
           東近江市立愛東中学校
                  校長 奥井 雅秀
2016_0207.jpg

生徒会長さんからです。


気仙沼市立鹿折中学校のみなさんのへ

私たちは、今回も先輩たちから受け継いだ気仙沼ひまわりの種を植えました。
この活動は今回で3年目を迎えました。たくさんのキレイなひまわりの花が咲きました。夏休み明けた頃に花が咲くように、6月に生徒会本部で畑を耕し、7月のはじめに全校で種を植えました。
今回の花は前回と比べて花の大きさは小ぶりなものが多く、背もあまり高くないものもありましたが、たくさん咲きました。今年は昨年よりも、もっともっと大きくて力強いひまわりが
咲くことを願い、1つ1つていねいに選別して良い種を選びました。この種の選別作業は、生徒会本部だけでなく、たくさんの人が手伝ってくれました。この選別した種は先日、生徒会引き継ぎの場で次の生徒会に引き継ぎました。ことしもきっとまた愛東中で花を咲かせてくれることと思います。

                   生徒会長 有元 菜絵
2016_0207_2.jpg

Author:おーみ


スポンサーサイト

滋賀県 東近江市立愛東中学校の皆さんから昨年の活動の報告

大変ご無沙汰しておりました<(_ _)>
新しい年も早一ヶ月が経とうとしています(早いですね(^^ゞ)
お知らせが遅くなってしまいました。ごめんなさい
滋賀県 東近江市立愛東中学校の皆さんから昨年の活動の報告が届いていました。
一昨年より私達のひまわりを咲かせる活動をしてくれていましたが
昨年も 一昨年にとった ひまわりの種を滋賀の道の駅で配布したり
全校の皆さんで種蒔きをし満開の花を咲かせて下さったようです。
校長先生・生徒会長さんよりお手紙と活動の様子の写真・種を配布した時に
添えられたカードが届きましたのでご紹介します。



校長先生から
 
鹿折中学校31回生有志の会様
 師走が近づき、大変寒くなってきましたが、皆様はお元気におすごしでしょうか。私は、この4月に東近江市立愛東中学校に校長として赴任しました奥井雅秀と申します。前任の位田幾久男校長が定年のため退職しましたので、前校長や皆さんの意思を受け継ぎ「復興の願いと被災地との絆」を今後とも風化させないようにと、今年も生徒会が中心となり、ひまわりの種を蒔き、育てて、種が収穫できましたので、ご報告いたします。
今年の生徒会の取り組みを少し紹介させていただきます。

6月8日(日)、14日(土)
 鹿折ひまわりの輪をさらに広げようと、昨年とれたひまわりの種を近くの道の駅「マーガレットステーション」で配布する。
一袋に10個種を入れて、800袋配布しました。

6月中旬~下旬
 全校生徒が「希橋園」にひまわりの種を蒔きました。昨年は8月の夏休み中に開花したので、今年は少し遅く蒔き、9月はじめの体育大会の時期に満開になるようにして、全校生徒、保護者が楽しめるようにしました。

7・8月
 夏休みも生徒会役員は、水やりや除草をしました。しかし、8月9月の台風で倒れてしまいました。生徒会担当教師が細い竹を持参して支えを作り、ひまわりは息を吹き返しました。
 8月23日に除草作業が有り、生徒が雑草をすべてとりました。

9月初旬
 ひまわりは満開になりました。登校する生徒や体育大会を参観に来られた保護者から歓喜の声が上がりました。

10月下旬
 今年のひまわりを取りました。重さにして1600グラムありました。

11月19日
 生徒総会の中で、3年生中心の生徒会から2年生中心の生徒会へ「ひまわりの種」が引き継がれました。

 思いは確実に受け継がれ、また来年、新しい生徒会の子どもたちがひまわりの花を咲かせてくれると思います。
今年の写真と生徒会長の手紙を同封し、ご報告とさせていただきます。

            東近江市立愛東中学校
                   校長 奥井 雅秀

こちらは生徒会長さんからのお手紙です。(この写真,Explorerで見ると通常の向きですが,Googleだと逆さまです..。なぜ?)

0125_2.jpg


 気仙沼のみなさんこんにちは。私たちは滋賀県愛東中学校生徒会です。季節は秋となり少し肌寒くなってきました。
愛東中学校の周りには季節を感じさせるコスモスがたくさん咲いています。学校の登下校がとても華やかで風景を楽しんでいます。
さて、今年の夏の愛東中の花壇、希橋園には、昨年から先輩方が栽培し受け継いだ気仙沼ひまわりが咲きほっこっていました。
今年は、3学年を列ごとに分けて場所を設け、全校生徒自ら昼休みを使って植えました。日のあたり具合などがまばらで ひまわりの背の高さには差がでてしまいましたが 全ての学年のひまわりが元気に咲くことができました。
また、今年は新たな活動として先輩方から受け継いだひまわりの種を近くの道の駅で配布しました。約3年の月日が流れ、東日本大震災が起こったということ、そして今もなお復興を望んでいらっしゃる方々がいるということを改めて知っていただくとともに、気仙沼ひまわりを通して被災地と地域の方々との絆を深めるかけ橋になればという思いから行いました。
配布していると「このひまわりいつまいたらいいの?」「今からまいても遅くないかな?」「もう1つもらっていい?」などと、多くの人が気仙沼ひまわりにとても関心をもってくださり とても心があたたかくなりました。
私たちは、この活動を次の生徒会の人たちにもバトンパスしていきます。
2011年3月11日に東日本大震災があったということ、今もなお復興を願っている人がいるということを、ひまわりを見るたびに思い出し忘れずにしたいです。最後になりましたが、全校一同心より1日も早い復興を願っています。

                    生徒会一同より

そして 道の駅で種と一緒に配布して下さったカードです。(こちらはどちらでみても横向き・・・。)
0125_3.jpg

宮城県気仙沼市
鹿折ひまわりの輪を広めよう!

 東北大震災の地震と津波で大きな被害を受けた気仙沼市立鹿折(ししおり)地区。
震災から一年後の5月、鹿折中学校第31回卒業生の方々が「鹿折に花を」プロジェクトを始められ、津波で何もかも流された鹿折に ひまわりの種をまき、8月には見事に大輪の花を咲かせられました。
 私たち愛東中学校は昨年、ご縁があって「鹿折ひまわり」の種をいただくことができました。
生徒会が中心となって、全校生徒で校庭にその種を植え世話をして、花を咲かせることができました。
 今回、昨年愛東中で収穫したひまわりの種を、さらに多くの方々育てていただきたいと思い配布することにしました。この種で、ぜひ力強く美しく咲くひまわりを、ご家庭でも育ててください。
 この「鹿折ひまわり」の輪がさらに広がり、被災地と私たちがつながっていければ幸いです。

            東近江市立愛東中学校 生徒会一同

これからの未来を担う子供たちに遠い土地でおこった東日本大震災を忘れることなく天災に備えてもらいたいとの想いで送った種ですが 勉強・部活動と忙しい学校生活の時間を割き この活動を続けてくれていることに感謝の気持ちでいっぱいです。
そして私達の活動も皆さんのご協力を得て続けていけたらと…願うばかりです。

Author:おーみ


ひまわりBDFプロジェクト

4/19 近江ひまわりBDFプロジェクトのお知らせ

4月19日(土)
前にお知らせしていましたが 
昨年近江ひまわりプロジェクトで活動して下さった近江環人さんの方 一名(辻さん)と、KBC(京都BIOWAKO地球温暖化対策協議会)の三名(藤田さんご夫妻・太田さん)の皆さんが、今年はひまわりBDFを展開して下さるとの事で、遠方よりいらしてくださいました。

内容を簡単に説明しますと・・・
ひまわりの種からひまわり油を搾油し、バイオディーゼル燃料(BDF)を製造し、農作業時にトラクターに使用、そこで採れた農作物を被災地へ還元とのお話を受けました。
とても大きなプロジェクトで驚きですよね!!

私達が育てたひまわりさんを、お嫁に出したら姿を変えて戻ってくる・・・って感じでしょうか??

すいません・・・本当に簡単にですが
要約するとこのような内容だったと・・・
写真はその為にまずひまわりの種蒔きをする為のチラシです。
私達の小さな活動がこんなに大きな活動に変わっていく事に戸惑いと驚きと感じながらも、3年経過し震災も風化している今、このような活動をしてくださる方々がいる事に感謝致します。


4/19 近江から来市された皆さん①

こちら(写真参照)を見ながら説明を伺いました。
今度皆さんが集まる時に持っていきますね~

遠くから、今でも「何か出来る事・・・」と考え実行しようと頑張って下さっている方々がいらっしゃる事を再確認し、ありがたい気持ちでいっぱいになりました


4/19 近江から来市された皆さん②

昨年咲いた「ひまわりの種」約100袋を、この大きなプロジェクトに参加させて頂きたいと思い、KBCの藤田さんと環人8の辻さんにお願しました。


4/19 近江から来市された皆さん③

いらしゃる前に被災地の現状をご覧になりたいとお話頂いていましたので、色々考え、魚市場前から川口町方面・岩井崎・安波山・鹿折唐桑駅前花壇・鹿折復幸マルシェをご案内しました。
私自身も川口町や岩井崎には震災後足を向けていなかったのですが、3年経った現状を自分の目で確認出来ました。
道すがら、りかちゃん・きっく・私のそれぞれの立場で感じた事を聞いて頂きました。
あちらこちらお話したので分かりづらかったかもしれませんね・・・(^^ゞ

Author:おーみ

東近江市立愛東中学校の位田校長先生より

11/16 東近江市立愛東中学校から届いた「ひまわり」の成長記録

皆さんにお知らせが遅くなりましたが、10月下旬にりかちゃん宅に東近江市立愛東中学校の位田校長先生より、私達が昨年育てたひまわりの種を育ててくださった記録のファイルが届きました。
ファイルを開くと、校長先生からと生徒会会長の吉川恵仁君からの心温まるお手紙に続き、生徒会の皆さんと有志の方々による花壇作りから始まり、全校の皆さんによる昼休みの種まき・草取り等々の活動の内容、そして愛情をたくさん注がれたひまわりの成長の記録が写真付きで認められていました。
生徒総会により生徒会本部の皆さんが特別報告としてこの活動を提案し、取り組んで下さったようです。
また、愛東中学校だより『すずかの風Ⅱ』や新聞に掲載された記事などもファイルして下さっていました。
その内容から皆さんの優しい気持ちが伝わってくるようでした。 
お忙しい学校生活において、授業時間以外の大切な時間を長期にわたり活動を続けてきて下さり本当に本当に感謝致します。
お片付けの会も終わり日々の雑事に追われなかなか集まる機会がなく、まだ見守り隊の方々にも見て頂いておりませんが、このような素敵なプレゼントはたくさんの皆さんと共有したいと考えております。
今後の集まりには必ず持って行く予定ですが、他に皆さんにご覧頂く良い方法がありましたら御提案ください<(_ _)>
明日の作業にも持っていきますのでお楽しみに

Author:おーみ

近江ひまわりプロジェクト - 4

楽しい写真が届きました。

【近江ひまわりプロジェクト】主催 環人8 
気仙沼鹿折から送っていただいた ひまわりから「震災の教訓を学ぶ」事を目的に地域でイベントをしています。

8/24 近江ひまわりプロジェクト①

今回は5回目。
無いものから自分たちで考えて工作をしました。
船を作ったり、飛行機を作ったり、箱を作ったり・・・
思い思いに自由な発想で挑戦。

手を切って泣く子もいました。
でも、子供の中には血が出る事。痛い事を知ってくれました。
傷テープのまき方も勉強になりました。
作品を最後までできなかった子は 続きを家で作ったからと
写真を送ってくれました。嬉しかった。
暑い中 本当にお疲れ様でした。

8/24 近江ひまわりプロジェクト②

終わった後は、みんなでカレーライスをいただきました。

食事をいただきながら自分自分の作品を発表です。
よく頑張ったと思います。

又、のこぎりや道具を普段使った事の無い方達には、工作の前に道具の使い方や名前を憶えていただけた事が災害時に生かせると思いました。

8/24 近江ひまわりプロジェクト③

感想には
『のこぎりで切れたのが楽しかった』『カレーがうまかった』・・・・

災害から身を守る事は、こんな普段の小さな事の積み重ねでしょう。
そして仲間を思いやる心を普段から体験して学ぶ事だと思いました。

8/24 近江ひまわりプロジェクト④



地域でこのような活動を続けているって素晴らしいですね。
皆さん、素敵な笑顔です

Author:きくこ

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。