2013 / 03   ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2013 / 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鹿折に花を」鹿中31回生有志の会代表として

昨年、関東会が中心になって活動を進めたプロジェクトは、地元の同級生・地域の方々に元気や勇気・希望を与えてくれました。

遠く離れた友や数十年連絡の取れなかったと友との距離をも、身近に繋げていただき、このプロジェクトには感謝の気持ちでいっぱいです。
私個人も震災で人生のどん底を味わい、この先明るい未来はないものと思っていました。
しかし、この活動に参加して、ひまわりの成長に伴い地元の同級生が集まり、関東会・仙台会と繋がりをもち励ましを受けながら前向きに進むことが出来ました。

関東会の方々は、見守り隊に負担をかけて申し訳ないと、沢山心配して頂きましたが、決してそんな事はありません。
この惨状を目の当たりにし自分達がなすべき事が判らず悩んでいた時、このプロジェクトの相談を受け”やれる事”を見出した者もおりました。
この活動を通して、殺風景な鹿折のほんの一部ですが色を取り戻し、少しずつ笑顔が広がり始め、心和む場所になったのは確かです。

この想いを繋げる為にも、今年度は地元の有志が中心となり、昨年の活動を続けていけたらと思います。
そして、遠くから応援してくださっている皆さんには、活動に対して昨年同様のアドバイス等々サポートして頂けたら嬉しいです。
地元中心といっても、ほんの数名ですので、昨年色々な想いや様々な事情で来れなかった皆さんに参加して頂き、出来る範囲で無理のない活動をしていきませんか・・・

復興には、まだまだ長い年月がかかると思います。
これからも、この活動をゆっくり長く続けながら、私達の故郷である鹿折の復興を見守っていきたいと思います。
今年も一人でも多くの方々が笑顔になれる場所になることが私の願いです。

平成25年4月21日
「鹿折に花を」鹿中31回生有志の会代表 尾形 勝一

スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。