2014 / 01   ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2014 / 03

日本水仙の芽が出ていました

2/23 鹿折唐桑駅前のプランター①

2月23日(日)晴れ
今日はとっても良い天気
迂回路の通行が始まった事と駅前の水仙のプランターが、ずっと気になっていました
寒いからとプランターにかぶせた藁と重しにのせた土が雪で濡れていましたが、藁をとってみたら
もう、こんなに芽が出ていました
重そうに頭が垂れ気味になっていたので、慌てて全てのプランターから藁&土を取り除きましたごめんね~
まだこんなに寒いのに、緑の小さな芽があちこちに覗いていましたよ
山口フラワーランドさんから頂いた日本水仙、気仙沼でも何とか咲いてくれそうな予感


2/23 鹿折唐桑駅前のプランター②

発泡プランターに植えた球根からも(何が咲くかお楽しみ
数個芽を確認
さて何の芽かなぁ~


2/23 鹿折唐桑駅前のプランター③

でもね・・・芽が出た発泡プランターの反対側は、まだまだこんな様子なんですよ
融けた雪も氷になって一面を覆っていました・・・
こちらにも球根が植えてあるけど凍っていないのかな~と心配になりました


2/23 ひまわり花壇の今①

そして迂回路が通った事によりきっくのの通りは入れなくなり、今はこんな感じです・・・

佳乃ちゃんのは土台はまだそのまま残っていましたが、土台のすぐ脇が迂回路になっていました。
オレンジの所が迂回路だよ・・・


2/23 ひまわり花壇の今②

りえちゃんも道路になってすっかりわからなくなりました・・・


2/23 ひまわり花壇の今③

きっくアパートよ~ちゃん一帯です・・・セブンがなければ分からないよね

久しぶりに眺めた駅前からの景色・・・でした。

Author:おーみ

2014年初めての作業です

2/22 種の選別作業①

2月22日(土)晴れ
2014年初めての作業です
参加の声が数人だったので今晩は何人の皆さんが集まってくれるか不安でしたが、寒いところ来て下さる方々の為にお部屋を暖めてお待ちしていました
出張から帰って来たばかりの春彦君はじめ本日は8人が集まってくれました。
ありがとうございます<(_ _)>
バラした種を一粒一粒身が入っているか確認します
早速、作業開始です


2/22 種の選別作業②

本当に根気がいる作業です
週末のお疲れの時間に、手を動かしながら、お口も気仙沼のよもやま話が続きます
選挙の事・開業する病院の事、皆さん詳しい!!知らない情報がいっぱいでした


2/22 種の選別作業③

作業開始1時間を過ぎ作業効率が下りてきたのでいっぷくの時間ですね
前に滋賀の水口の皆さん・まゆが来た時に頂いていたお菓子と、皆が差し入れてくれたおやつでコーヒータイムです
皆さんに見て頂きたいものも・・・
昨年お世話になった方々にお礼の意味を込めカレンダーをお送りしたところ、お礼のお手紙をはじめ活動費にと寄付金を送って下さった方も・・・。
(送って頂いた詳細は後日ご紹介しますので、もう少しお待ち下さいね
BGMは神戸の松田さんが送って下さったCDです


2/22 種の選別作業④

後半戦も頑張ってもらいました
そろそろ、OO君はおしまいにしたいご様子でしたが・・・時間ギリギリまで選別が続きました。
50過ぎの私達に夜のこまい作業は大変でしたが、今年も皆さんのご協力で活動が始まりました
今晩は久しぶりにお会いできて楽しかったです
この掲示板を見て下さっている皆さん
次回お持ちしていますね~

お疲れ様の後は
男性陣3人は赤い提灯がある場所へ移動のようです
ゆっくり楽しんだかなぁ~(^^)/

Author:おーみ

作業のお知らせ

2/18 おーみちゃん宅の吊るし雛

15日の作業は大雪の為に出来なくて申し訳ありませんでした<(_ _)>
お忙しい時期とは思いますが…

2月22日 土曜日 午後6時30分より
鹿折復幸マルシェ 2階にて 
今度こそ種の選別作業を行いたいと思います
時間に遅れてもですのでご協力お願い致します

今週末は雪大丈夫でしょうか
どうか三週連続になりませんように皆さんお祈りくださいね
本当に寒い日が続きます
体調管理に気をつけながら土曜日は作業にご協力ください

は外は雪ばっかりですので・・・
ちょっと春らしく、おーみの吊るし雛です

Author:おーみ

横浜山手中華学校訪問

2/15 横浜山手中華学校で頂いたアルバム①

頂いたアルバムの表紙は、ひまわりを育ててくれた5年生の1,2組の児童の写真です

本当に突然の訪問でしたのに私たちの為にしっかり準備をしてくださり、贈呈式の司会してくださった飯田さんのお嬢さんやお友達。
ありがとうございました
5年生代表のSちゃんのあいさつは、とてもりっぱで心がこもっていました
それに比べ、私のまとまりのない話ったら・・・恥ずかしい限りです。


2/15 横浜山手中華学校で頂いたアルバム②

潘民生校長先生をはじめとして鄭紅先生、張丹先生が、私たちの小さな活動であっても「心の教育」として重要視して取り扱ってくれたことに、とても感謝致します。

ひまわりを途中で枯らしてしまったお子さんが、私たちの話を聞いて「熱心にお世話をしなかったためにひまわりを枯らしてしまって皆さんに申し訳なかった」とお母さんに話したそうです。
ちょっとでも何かしら感じてくれて、心に残ってくれて、今後どこにでも起こりえる災害に備えてくれればいいな・・・とかんじました。


2/15 横浜山手中華学校で頂いたアルバム③

アルバムの中には、五年生のみなさんの暖かく優しい応援の言葉と、一生懸命ひまわりを育ててくれた写真がたくさん詰まっていました


2/15 鄭紅先生からのメッセージ

鄭紅先生から心のこもったメッセージを頂きました。

こんにちは!
私は横浜中華学校小学五年一組の担任、鄭紅です。
ひまわりの種をくださってたいへん感謝しています。
地震と津波により多くのものを失ったにもかかわらず
あなた方のくじけず困難に立ち向かう心は私たちを大変勇気づけてくれています。
一粒の種は、命やたくましい生き方の尊さを、子供たちを感動させました。
あなた方になにもしてあげられませんが、きっと頑張ってくださると応援しています。
あなた方の強い思いで美しいふるさとが復興される事をお祈りします。
あなた方の生活が、ひまわりのように太陽に向かって
永遠に日の光で満たされる事をお祈ります。
            鄭 紅   2014・2・7

完全な翻訳ではないので申し訳ないのですが・・・
先生の優しい想いと力強いエールを感じたお手紙です。
鄭先生本当にありがとうございました。
心から感謝いたします。


2/15 きっくが作成した学校訪問の資料

この盛大な歓迎会とアルバム贈呈式を無事に終える事が出来たのはきっくのおかげです
私が横浜に行く事で突然決まった学校訪問に、時間を割いて一緒に来てくれて本当にありがとう
そして資料まで作って来てくれて・・・感謝です。
プロジェクターを使っての活動紹介!!さすがです
心細かった時間が心強い楽しいひとときになりました。

Author:りか

横浜にひまわり!

2/15 飯田様宅のひまわり

月7日の朝、それなりに混んだ通勤電車の中で、鹿中31のGmailを開いたら、なんと素敵なお知らせが!

昨年の夏に横浜山手にある「横浜山手中華学校」で5年生の生徒さんたちが育ててくれていたのです。中華学校は中国系の生徒さんが通う学校で、幼稚園から中学校まであります。
http://www.yokohamayamate-chineseschool.ed.jp/index_jp.php

もうね、びっくりして泣きそうだったよ。
そのひまわりの種は昨年、仙台のろっけんパークに出店していた小野寺商店で、今回お世話になった飯田さんのお友達が受け取ったそうです。
その種が巡り巡って、横浜できれいに咲いていたのです。
写真は飯田さんちのひまわりです。
ひまわりのバックが横浜港なんて、ステキ
飯田さんには鹿中31カレンダーをお買い上げいただきました。
本当にありがとうございます


2/15 横浜山手中華学校①

早速、勝一君、利香ちゃん、おーみちゃんに連絡したら、なんと利香ちゃんがその週末に横浜に来る予定ということで、急きょ、二人で中華学校にお邪魔してきました。

2月10日の月曜日に5年1組と2組の皆さんが放課後に集まってくださいました。
突然の訪問だったのに、校長先生にもおいでいただき、きちんと会を開いて、挨拶までしていただきました。
なんと、黒板には「鹿折31回生」の文字。
「中華学校小学5年生が鹿中31回生にひまわりの写真を贈る式」という意味だそうです。


2/15 横浜山手中華学校②

壁には私たちの写真も貼ってあり、右から二番目の写真には「震災に負けずにがんばってる」的なことが書いてあるそうです。


2/15 横浜山手中華学校③

まず、こちらから、気仙沼と鹿折の震災前と後の様子、「鹿折に花を」について話しました。利香ちゃんが震災当時の様子を話しました。

5年生の皆さんから、夏に育てたひまわりの写真をまとめたアルバムをいただきました。放課後で疲れている時間にもかかわらず、静かに真剣に私たちの話を聞いてくださいました。
先生からは「横浜では震災当時の様子を聞く機会はないので、
生きた社会科の授業になりました」とのお言葉をいただきました。

あのひまわりからたくさんの種が全国に散らばって育てていただきました。今回のように、伺ってお礼を述べる機会を少しずつ増やしていけたらいいかなぁ

Author:きくこ