2017 / 05   ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 / 07

種の袋詰め作業をしました

12/2 印刷したメッセージを裁断

12/2(日)
私達を長い間楽しませ、支えてくれた『ひまわりさん』
たくさんの種を残してくれました。

種の選別は、見守り隊の皆さんと、お手伝い下さると手を挙げてくれた方々に協力して頂き、やっと袋詰め作業の日を迎える事が出来ました

これまで
・水に入れて浮き上がってくるのを待つ
・掃除機で吸ってみる
・ドライヤーで飛ばしてみる
・地道にいっこずつ触ってみる
色々な方法での選別作業の仕方が披露されましたが・・・
各々試行錯誤の末、やっと終了したのです

まず、袋に鹿折31回生のマークとメッセージが印刷(きっくが送ってくれたんだよ。いつもありがとう)してある紙を、りかちゃんが裁断します。


12/2 メッセージを小袋に入れる作業

その紙を小袋に一枚ずつ入れる作業

ヨネミちゃん・てるちゃんと、いっぱい着込んで登場したのは帰省中の大川ちゃんです
気仙沼の寒さに上着を離せない様子・・・やっぱり気仙沼は寒いんだねェ~


12/2 種の重さを量り小袋へ

袋の準備が出来たら、選別してある種を、グラム数を量りながら入れていきます
りえちゃん・えっち・じんちゃん・えみちゃん・初夫君が、きっちり量っています


12/2 種が汗をかかないように一工夫

袋に密閉された種が汗をかかないように・・・袋の角に小さな穴をあけました


12/2 作業の合間の休憩①

もちろん今日も楽しい~お茶飲みの時間もありますよ
前に皆さんから差し入れで頂いたお菓子と、えみちゃん・勝一君・えっち・桜井さんからの美味しいおやつで、作業で消費した以上のカロリーをちゃ~んと頂きました
ご馳走様です


12/2 作業の合間の休憩②

遠くにお住まいなのに、種選別までお手伝い頂いた桜井さん
本日も、お顔を見せてくれて本当にありがとうございます
とっても嬉しいよ~
いつもお気遣い頂いて・・・感謝です

英樹君も覗いてみてくれました


12/2 和気あいあいと進む袋詰めの作業

もちろん、お茶タイムの後は作業が続きます
遅れてきた勝一君、お疲れのご様子ですが気合入れてお願いしますよ~


12/2 種を入れた袋の口を閉じる作業

袋の口を閉じる作業です。
てるちゃん・じんちゃんと 手早く流れています


12/2 作業は鹿折復幸マルシェの2Fをお借りして

鹿折復幸マルシェの二階のお部屋をお借りして作業は続きました。

まだまだ種は残っていますが・・・
小袋が足りなくなり、本日は終了となりました

Author:おーみ

  ※個人情報(住所・電話番号等)の記入はご遠慮下さい。
  •  
  •  
  • ウェブ 
  • コメント
  • パスワード    
トラックバックURL:http://shishiori31.blog.fc2.com/tb.php/219-32dbab71