2017 / 07   ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 / 09

滋賀県に嫁入りしました

12/23 滋賀県からお見えになった吉井様(中央)と支援者の稲荷森様(左端)

12/23(月)
滋賀県からお見えになった吉井隆様とお会いしました。
この方は、滋賀県立大学の大学院生(神戸薬科大の講師もなさってる方です)の方で
震災直後から定期的に南三陸町田ノ浦に地域再生や気仙沼へ支援くださっているお一人です。
吉井様のように滋賀県内の環境保全・地域再生・地域活性化に関わる活動を行っている方々が、8月に鹿折を訪れた時に私たちのを見て
『あのひまわりを滋賀に咲かせたい!』
『震災復興にひまわりの種が、気仙沼・田の浦と滋賀の繋がりになれば嬉しい』
と、思ってくれたようです。
初夫くんの奥様と支援者の稲荷森さん(左端の方)が仲を取り持って下さり、大事に育てたの種を滋賀県でも大きな咲かせて欲しくてお渡しすることになりました。


12/23 吉井様と見守り隊

吉井様にお渡ししたの種は、田の浦に100個・滋賀県に200個です。
それにきっくからのメッセージと、政人くんが作ってくれたカレンダーと見守り隊写真集

滋賀には東海道五十三次の街道が通っています。
中でも水口(みなくち)という宿場があり、吉井様が水口の方々と交流があるそうで、種は、その水口を中心に街道沿いと、吉井様が通っていらっしゃる滋賀県立大学に蒔く予定だそうです。
一粒でもいいから滋賀の土地に大きな希望のひまわりの花が、咲いて欲しいと願うばかりです。


12/23 吉井様と見守り隊

この日は水口の方々が作ってくれた可愛いお地蔵様を、復幸マルシェに持ってきてくれたようです。

前日見守り隊で忘年会をしたので、声を掛けて、できるだけ都合をつけて集まってもらいました
写真には入っていないけど、ヨネミさんも駆けつけてくれました
みんな年末の忙しい時なのに来てくれてありがとう!!


12/23 鹿中31同級生の奥様と大阪の高校生

ご尽力いただいた初夫くんの奥様と、Facebookで奥様と交流している大阪の高校生(名前を聞かないでしまった)。
冬休みを利用して高田や気仙沼など被災地を巡っているようです。
部活の活動の一環で、被災地をめぐり様々な取材などをしたりするらしく・・・
今時の高校生はすごいなと思いました

ズーズーしく学生さんにもの種、部活の皆さんにも渡してねって押し売りしちゃいました

Author:りか

  ※個人情報(住所・電話番号等)の記入はご遠慮下さい。
  •  
  •  
  • ウェブ 
  • コメント
  • パスワード    
トラックバックURL:http://shishiori31.blog.fc2.com/tb.php/220-36ef2b8f